一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会 学生部

フェアトレード・オーガニックに関する意識調査

調査の目的

今回の調査の目的は 学生にとって身近なカフェの利用実態を調べ、カフェにおけるフェアトレードやオーガニックの普及の可能性とその方法について考える事です。 そこで、492人の学生(男女)を対象にアンケート調査を実施しました(2013年11月)。

 

調査結果

アンケート調査の結果、以下の事が分かりました。

1)学生の76%は月に1度以上カフェを利用していて、カフェは身近な存在である。

2)FT・OGのカフェに対する認知は約4割の人にあるが、『近くにないから』、『どこにあるか知らない』といった理由などから、実際の利用者は調査対象全体の18%にとどまっている。

3)存在を知っていても『高いイメージがある』など、実態を知らないまま、イメージで利用していない人が多い。

 

【調査結果を踏まえて】

学生にFT・OGカフェを身近に感じてもらう為に、 大学周辺のFT・OGカフェを掲載したカフェマップを制作し、ブログを用いた情報発信を行います。 それによって、学生のFT・OGカフェに対する「高い」、「近くにない」というイメージを払しょくし、気軽に利用できる存在として、学生の中での定着を図ります。

 

調査内容

1)カフェ(スタバ・ドトール等のチェーン店を含む)を利用する頻度はどれ位?

 月1週2・3毎日利用しないその他
男子155人59人2人48人27人
女子104人53人7人15人17人

 

2)事前にサイトなどで調べてからカフェを利用しますか?

 調べる調べない
男子14人277人
女子24人167人

 

3)Ⅰ:FT・オーガニックカフェがあることを知っていますか?

 知っている知らない
男子100 人191人
女子90人111人

 

Ⅱ:Ⅰで知っていると答えた人へ そのカフェを利用しますか?

 はいいいえ
男子17人74人
女子18人61人

 

Ⅲ:利用する理由、しない理由を教えて下さい

(利用する理由)

美味しいコーヒーが飲めるから/たまたま利用する/健康に気使う/オーガニックに触れたい/社会貢献になるから/FTを学んでいる為

 

(利用しない理由)

近くにないから/どこにあるか分からない/そもそも行かない/利用するかは気分次第/利点に興味がない

/ドトールやスタバが好き/面倒/値段が高いイメージ/カフェは高いので、オーガニック専門店で購入して自宅で飲む

 

4)カフェを誰と利用しますか? 複数回答可

 友人家族1人
男子191人(彼女1人)16人175人
男子153人27人129人