一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会 学生部

世界をリードする日本のFCV業界の未来

論文タイトル

世界をリードする日本のFCV業界の未来(学士論文)

 

著者

上濱、嶋、片川、本杉(中央大学 商学部 日高ゼミ 2015年度卒)

 

要旨

私たちの国、日本は資源がとても少ない国だ。そのことを改めて考えさせられたのは、2011 年の東日本大震災である。エネルギーに関して日本がいかに脆弱な国であるかを痛感させられた出来事だった。持続可能な経済、社会の発展の為にも、エネルギーの多様化はとても重要である。そんな中での東京五輪決定。今回の東京オリンピックは、日本の「水素社会」を発信する上で、とても大きなチャンスなのだ。その中でも、FCV(燃料電池)は、インフラ整備という点からも水素ビジネスにとってとても大切な鍵となる。そこで、FCVというものについての日本内外での取り組みなどについて調べる中で、日本がこの先、FCV市場において世界市場をリードし続けるために必要なことについて考察する。