一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会 学生部

「ソーシャル×散走」企画コンテストとは

散走とは

散走とは自転車でどこかへ行くことだけを目的にせず、目線を変えて散歩感覚でその道中を楽しむという新しい自転車の楽しみ方です。 自転車部品メーカーのシマノが運営する「ライフクリエーションスペースOVE」が定期的に主催しています。具体的には、築地の景観や歴史を味わいながらサイクリングしておいしい魚介類を食べるプログラムや、魅力的な建築物をめぐり写真に収めるプログラムなど、多種多様なプログラムを実施しています。

「ソーシャル×散走」企画コンテストとは

ソーシャルプロダクツやそれを生み出す企業、地域の歴史や背景等に触れながら、気軽に楽しく、その魅力に気づいてもらうことを目的に、「ソーシャルな商品や企業、地域」と「散走」を掛け合わせた散走プログラム(ソーシャル散走)を考案してもらう大学生を対象としたコンテストです。OVEとソーシャルプロダクツ普及推進協会が共同で主催しています。2018年度は、中央大学の日高ゼミ、法政大学の土肥ゼミと水野ゼミがコンテストに挑戦します。

【2017年度 APSP賞 受賞作品:オーガニック農業を体験した後、その畑でとれた食材を使用した料理を楽しむプログラム「畑からテーブルまで!~商品と一緒に川下り散走~」】