P・コトラー教授からのメッセージ


 

Message to APSP from Professor Philip Kotler, Northwestern University

世界的なマ-ケティング研究者、フィリップ・コトラー教授からのメッセージ

 

kotler_photo140I referred to the concept of Social Products in the 1st chapter of the first edition of Social Marketing, McGraw-Hill, 1989. I strongly believe that more people over time will prefer and buy social products, products that deliver health, safety and environmental benefits to individuals and society.

 

I received exciting information that some scholars and businessmen have formed a new organization in Japan called APSP-the Association for the Promotion of Social Products. Professor Dr.Hiroshi Matsuno, Chiba University is involved and he was one of the co-translators of the first edition of Social Marketing. I am pleased to hear that the mission of this Association is to promote and evaluate a variety of social products so that consumers will be better informed in making purchase decisions.

 

I expect that APSP will play a leading role in promoting social products in close collaboration with individual consumers, profit-organizations, non-profit organizations and the movement towards a Sustainable Society.

 

kotler_sign
Dr., Philip Kotler
S.C. Johnson & Son Distinguished
Professor of International Marketing
Kellogg School of Management
Northwestern University, U.S.A.

 

私は、「ソーシャルプロダクツ」の概念について1989年刊行の『ソーシャル・マーケティング』(マックグロウヒル社)の初版、第一章の中で初めて言及しました。個人、ならびに、社会に対して、健康・安全・環境といった側面で便益をもたらす「ソーシャルプロダクツ」は、今後、ますます多くの人々に選択され、購入されるようになると思います。

 

先日、『ソーシャル・マーケッティング』初版の翻訳に携わっていただいた千葉大学大学院教授の松野 弘博士を含む日本の学界やビジネス界の方々が、「ソーシャルプロダクツ普及推進協会」(APSP)という新しい組織を立ち上げたという、とても喜ばしい知らせを受けました。生活者がソ-シャルプロダクツ購入の意思決定をするに際して、より多くの情報を得ることができるように、多様なソーシャルプロダクツの普及とソ-シャルプロダクツに対する適正な評価を行うという、この協会の目的は大変素晴らしいことです。

 

最後になりますが、「ソーシャルプロダクツ普及推進協会」が、生活者、企業、非営利組織と密接に連携しながら、ソーシャルプロダクツの普及と「持続可能な社会」の実現に向かって主導的な役割を果たすことを期待しています。

 

フィリップ・コトラー
ノースウェスタン大学・ケロッグ経営大学院
S.C.ジョンソン&サン特別栄誉教授
(国際マーケティング)

 

邦訳:『ソ-シャル・マ-ケティング-行動変革のための戦略』井関利明監訳
1995[原著=1989]、ダイヤモンド社