【自由テーマ】オリオン ザ・ドラフト
【自由テーマ】オリオン ザ・ドラフト
【自由テーマ】オリオン ザ・ドラフト
【自由テーマ】オリオン ザ・ドラフト
【自由テーマ】オリオン ザ・ドラフト
【自由テーマ】オリオン ザ・ドラフト
【自由テーマ】オリオン ザ・ドラフト
【自由テーマ】オリオン ザ・ドラフト
【自由テーマ】オリオン ザ・ドラフト
【自由テーマ】オリオン ザ・ドラフト

オリオン ザ・ドラフト

更新日:2021年2月12日

企業・団体名
オリオンビール株式会社
商品・サービス概要
希少な沖縄県伊江島産の大麦を新たに採用した「オリオン ザ・ドラフト」。1960年発売からオリオンビールの主力ブランドであった「オリオンドラフト」を2020年にリニューアルし、沖縄の大麦と水を使った沖縄でしか作れないビールを発売。農家との協働で沖縄の産業活性も視野に入れた。大麦の肥料には当社のビール製造過程で発生するビール粕を使用することで、循環型社会への貢献を目指している。2019年は、沖縄県民や多くの沖縄ファンの心を痛めた首里城焼失を受け、オリオン ザ・ドラフトの首里城デザイン缶を発売。1本につき3円が首里城再建支援の活動へと活用された。
価格
【展開】
633ml壜 20本入ケース
500ml壜 20本入ケース
334ml壜 30本入ケース
500ml缶 6缶パック×4入カートン
350ml缶 6缶パック×4入カートン
20L樽生、10L樽生
【価格】オープン価格
販売情報
[実店舗]わしたショップ(全国)
[オンライン]オリオンビール公式通販サイト
該当するSDGsのカテゴリ
  • 8.働きがいも経済成長も
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 12.つくる責任 つかう責任
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
該当するソーシャルカテゴリ

審査員コメント

県内産大麦を採用することによる「地産地消」の実現や、地元農家との連携による地域経済活性化への貢献、首里城再建への寄付など、地域活性の代表例ともいえるプロダクトである。さらに、製造による廃棄物をすべてリサイクル・リユースすることによるゼロエミッションの達成、ビール粕の循環型活用などもなされており、環境課題の解決に幅広く貢献している点も評価が高い。味覚品質向上のこだわりもふくめ、まさに同社を代表する商品となっている。本プロダクトの背景にある素晴らしいストーリーは多くの生活者の心を捉えるものになるであろう。今後の更なる情報発信に期待したい。

この企業について

オリオンビール株式会社

沖縄県豊見城市字豊崎1-411 トミトン内2階

https://www.orionbeer.co.jp/

企業ページ
               

この企業の取り組み

各種お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。