セロテープの原材料_topinterview (1)

2021年2月18日(木)15:00~16:30

【オンライン】APSP第33回定例セミナー
「セロテープ®とニチバンの70年以上のソーシャルな取り組みと、注目の共創型取り組みを仕掛ける今に迫る」

オンライン(ZOOMを使用します)

申し込みフォーム

「セロテープ®とニチバンの70年以上のソーシャルな取り組みと、
注目の共創型取り組みを仕掛ける今に迫る」

 

第 33 回オンライン定例セミナーは、第7回ソーシャルプロダクツ・アワード2020  年度テーマの大賞を受賞したニチバン セロテープ®の取り組みをご紹介します。

昨年12月に開催した当協会主催セミナー「withコロナを振り返る~ニューノーマル時代に必要とされる商品・サービスとは」の中で、大賞受賞商品としてセロテープ®の取り組みを紹介したところ、「もっとセロテープ®の取り組みを知りたい」という感想や問い合わせを複数いただきました。

そこで、今回はニチバン株式会社 テープ事業本部 上席執行役員本部長 小林英治様をお招きしましてセミナーを開催します。
ソーシャルプロダクツ・アワードの審査員でさえ驚いた、セロテープ®はほとんど植物からできているという事実。実は70年以上前から、変わらないセロテープ®の特長だったのです。

第1部では小林様にセロテープ®に取り組んだ70年の歴史や苦労話。第2部ではAPSP事務局メンバーも加わって、「Small Action For Future」と名付けられた流通企業との共創型の取り組みについて、業務用営業現場のお話しを伺います。

 

■プログラム

①講演「セロテープ®とニチバンの70年以上に渡るソーシャルな取り組み​」

  小林英治 様(ニチバン株式会社 テープ事業本部 上席執行役員本部長)

 

②座談会「BtoB企業も必見!共創型取り組みの実践事例」

  小林英治 様(ニチバン株式会社 テープ事業本部 上席執行役員本部長)
  江口 泰広(APSP会長・学習院女子大学名誉教授)
  中間 玖幸(APSP 専務理事)
  深井 賢一(APSP事務局長・株式会社YRK and CMO/取締役 兼 TOKYO代表)※司会

③挨拶


  江口 泰広(APSP会長・学習院女子大学名誉教授) 

 

■講演内容

  小林英治 様(ニチバン株式会社 テープ事業本部 上席執行役員本部長)

「セロテープ®とニチバンの70年以上に渡るソーシャルな取り組み​」

セロテープ®の誕生から現在に至る製品開発と販売の歴史。またSDGsをはじめとする企業の社会貢献が一層重要となるなか、セロテープ®を使用することで、プラスチックごみを減らし、またそれを燃焼したときのCO2の排出を如何に減らすことが出来るのか?実例を挙げながらご紹介いたします。


【参加方法について】

ZOOMを使用したオンライン形式です。
※申込者方には、開催前日を目途にアクセスできるURLをメールにてお送りします。
※ZOOMの使用方法につきましてはこちらをご参照下さい。
 https://support.zoom.us/hc/ja

 

▼法人会員、個人会員の方のお申し込み(弊協会会員は無料、法人会員の2人目からの参加は有料)

こちら

 

▼非会員の方のお申し込み(参加費:1000円/人)※peatixからお申込みください。

こちら

15:00~15:05
開会
15:05~15:45
講演
「セロテープ®とニチバンの70年以上に渡るソーシャルな取り組み」
小林英治様
15:45~16:20
ディスカッション形式による対談、質疑応答
小林英治様、江口泰広、中間玖幸、深井賢一
16:20~16:30
閉会あいさつ
江口泰広

概要

日時
2021年2月18日(木)15:00~16:30
定員
100名
対象
マーケティング担当者やソーシャルプロダクツの担当者、これからソーシャルプロダクツの企画を検討している方。

SDGsやESG、ソーシャルプロダクツに興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

学生の参加も大歓迎です。
主催
一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会
会場
オンライン(ZOOMを使用します)
アクセス
参加費
セミナー1,000円(弊協会会員は無料、法人会員の2人目からの参加は有料)
申込方法
申込フォーム

各種お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。