コンポンチュナン焼

企業・団体名 株式会社聖林公司
商品・サービス概要 クメール王朝時代に栄えた釉薬陶器文化を現代のカンボジアへ甦らせ、地場産業を発展させることを願うコンポンチュナン焼。資源豊かなカンボジアで採れる土を主な材料に、貝や籾殻の灰、風化花崗岩などの釉薬を使用。益子焼などの日本の技術も取り入れ、独特の色合いを表現することに成功した。さらに、現在のライフスタイルに合うよう、電子レンジや食洗器にも対応し、耐久性と装飾性の両方を実現している。地域の活性化と経済的自立へのきっかけとして注目されている。
価格 5,400円 ~10,800円
販売情報 [店舗]JOURNEY (東京・代官山) [オンラインショップ]SEILIN ONLINE SHOP
審査員評価 地域の歴史的・産業的な背景を活かしながら、国際的な協力の下で、貧困層の多い地域の活性化、社会的弱者の自立支援に貢献している取り組みであるといえる。落ち着いたデザインは日本の食卓にもあうものとなっており、若者からの人気を集めるこの会社がこの陶器の魅力に気づき、運営するカフェで実際に使用し、その魅力を発信している点は評価したい。一方で日本にも数多くの陶器産地がある中で、そこと伍していくには、商品がさらなる高みを目指していくことも求められる