Kūne化粧品シリーズ

企業・団体名 有限会社ネパリ・バザーロ
商品・サービス概要 東北やネパールで震災の痛手を乗り越え、誇りをもって栽培された原料を使用した化粧品シリーズ。ブランドネーム「クーネ」はエスペラント語で「共に」の意味。ネパール産のフェアトレード蜂蜜、岩手県陸前高田市、奥州市、大船渡市、野田村でつくられた椿油や、自根きゅうりエキス、三陸わかめエキス、のだ塩などを原料に用い、素材を活かした高品質な化粧品の製造、販売で真の地域復興を目指している。震災を忘れることなく、以前よりも、よりよい社会を創ることが使命と考え、被災地ツアーの実施や、生産者の声、現地の様子のSNS発信をしている。
価格 864円~2,484円
販売情報 [実店舗]直営店ショップベルダ
[オンラインショップ]Nepali Bazaro Kūneverda
[その他]株式会社大地を守る会や全国の小売店など
審査員評価 被災地の農林水産物を活用した商品は少なくないが、この取り組みは商品開発のみならず、観光産業も巻き込んで復興支援に取り組んでいることに持続可能性を感じる。ネパリバザーロが足もとの拠点としてきたフェアトレード・支援先と国内を「被災地域」同士としてつなぎ、それぞれの原材料を使って作り出した他には真似のできない背景を持つコスメとなっている。双方にとってのWin-Winが実現できている商品である。