【自由テーマ】ボーネルンド プレイヴィル
【自由テーマ】ボーネルンド プレイヴィル
【自由テーマ】ボーネルンド プレイヴィル
【自由テーマ】ボーネルンド プレイヴィル
【自由テーマ】ボーネルンド プレイヴィル
【自由テーマ】ボーネルンド プレイヴィル
【自由テーマ】ボーネルンド プレイヴィル

【自由テーマ】ボーネルンド プレイヴィル

更新日:2020年3月9日

企業・団体名
株式会社ボーネルンド
商品・サービス概要
地方自治体および地域事業者と連携して公園を再開発・運営するあそび施設。現在は天王寺公園、大阪城公園、安満遺跡公園の3か所にて展開。屋外あそび場、室内あそび場、表現あそび場を備え、五感や科学的好奇心を刺激するような多様なあそびを提供する全天候型の施設である。近年の日本の公園は、遊具の撤去や利用上の制限が増えたことで、子どもの多様な遊びを創出する場、多世代が集う地域コミュニティ創造の場としての機能を失ってきつつある。豊かなあそび環境を整備することで、子どもの体力やコミュニケーション能力などを向上させ生きる力を育てるとともに、子育て世代の支援と遊びエリアを中心とした地域の活性化を目指している。
価格
天王寺公園、安満遺跡公園 親子1組1500円(1日無制限)
/大阪城公園 【1日パス】子ども1人 1700円 大人1人 600円
販売情報
[対象地]屋外あそび場・プレイヴィル
     プレイヴィル天王寺公園
     プレイヴィル大阪城公園
     プレイヴィル安満遺跡公園
該当するSDGsのカテゴリ
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 12.つくる責任 つかう責任
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
該当するソーシャルカテゴリ

審査員コメント

都会における遊び場の減少という社会的課題に着目し、子どもと子ども、大人と子ども、大人と大人をもつなぎ、交流できる場を創出した点がユニーク。子どもの知的好奇心や感性を刺激してくれる安心・安全性が高い公園は、商品性・社会性ともに高く評価できる。地域との連携などを通して、遊び場にとどまらない役割を担っていく可能性を秘めている。今後、プレイヴィルの中で使われるモノが、よりサスティナブルになっていくことを期待したい。

この企業について

株式会社ボーネルンド

東京都渋谷区神宮前1-3-12 ジブラルタ生命原宿ビル 3階

https://www.bornelund.co.jp/

企業ページ

ソーシャルプロダクツ・アワード

各種お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。