【年度テーマ】Bee Eco Wrap
【年度テーマ】Bee Eco Wrap
【年度テーマ】Bee Eco Wrap
【年度テーマ】Bee Eco Wrap
【年度テーマ】Bee Eco Wrap
【年度テーマ】Bee Eco Wrap
【年度テーマ】Bee Eco Wrap
【年度テーマ】Bee Eco Wrap
【年度テーマ】Bee Eco Wrap
【年度テーマ】Bee Eco Wrap
【年度テーマ】Bee Eco Wrap
【年度テーマ】Bee Eco Wrap

【年度テーマ】Bee Eco Wrap

更新日:2020年3月9日

企業・団体名
ティーム有限会社
商品・サービス概要
プラスチックを使わない、何度でも繰り返し使える地球に優しい生分解性オーガニック・フードラップ。天然の抗菌性と保存性を備え、食品の鮮度と美味しさをより長持ちさせてくれる。化学物質を一切使わず持続可能な方法で採集したミツロウと、コールドプレス製法のホホバ油、木の樹脂を独自のブレンドで製法し、GOTS認証を受けたコットン生地に染み込ませて、一つひとつ丁寧に全て手作業で作られている。温度によって固さが変化するため、冷蔵庫で冷やすと中身をきちんと保護し、手で温めると柔らかくなるので取り出しやすくなる。
価格
902円〜5,595円
販売情報
[オンライン]beeecowraps.jp
[店舗]SHONLY(香川県高松市牟礼町大町)
該当するSDGsのカテゴリ
  • 12.つくる責任 つかう責任
  • 14.海の豊かさを守ろう
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
該当するソーシャルカテゴリ

審査員コメント

日用品の脱プラ化を目指すソーシャルプロダクツにおけるモデルケースとしてインパクトがある。商品性も高く、カラフルで独創的なプリントのデザインが目を引く。生産者一家によるサスティナブルなライフスタイルは、商品のブランド・メッセージを体現しており、多くの生活者に浸透していくことが見込まれる。GOTS認証を取得した生地を採用している点も高く評価できる。一方で、社会的課題へのアプローチに関する成果・実績が明示されておらず、いかに可視化していくかが課題といえよう。

この企業について

ティーム有限会社

東京都新宿区水道町1-1 形成社ビル2階

https://www.team-jpn.com/

企業ページ
               

この企業の取り組み

各種お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。